第82回皐月賞回顧 ジオグリフさん、貴方どこから来たの?

2022/04/18

いやー、ひどい。ひどすぎる笑

 


 

 

夜勤明け。眠いですが刻んでおきます。

 

 

確かに、月刊優駿で当該週見るべき箇所にいたコスモバルク。
岡田総帥の追悼記事の中にあったものですが、弥生賞優勝時の写真でした。

 

そこから中間、今年の第59回弥生賞ディープインパクト記念を優勝したアスクビクターモアを気にしてましたが、連動枠ではない1枠に入ったことで却下。

 

 

で、コスモバルクは弥生賞の後、第64回皐月賞に出走。1番人気に推されましたが2着。

 

その時の結果が
第64回(2004年)皐月賞
1着「7枠14番」ダイワメジャー
2着「8枠18番」コスモバルク
 ↓

 

第82回皐月賞
1着「7枠14番」ジオグリフ
2着「8枠18番」イクイノックス

 

まんま決着いうオチでした。

 

 

あとは土曜重賞。
第31回アーリントンカップ
7枠13番「ヒルノ」ショパン

 

第24回中山グランドジャンプ
1枠1番 ブラゾン「ダムール」

 

合わせてヒルノダムールが浮かび上がっており、
ヒルノダムールは第143回天皇賞春を優勝したおうまさんでしたが、ヒルノダムールは皐月賞にも出走していました。

 

それが、
第70回(2010年)皐月賞
1着「7枠」13番 ヴィクトワールピサ
2着「8枠」16番 ヒルノダムール
 ↓

 

第82回皐月賞
1着「7枠」14番 ジオグリフ
2着「8枠」18番 イクイノックス

 

 

 

さらに、もう一つ。手掛かりから得ていた枠連7-8のレースあったのですが、忘れました。。
おいっ!

 

ということで、枠連一点勝負するのなら、3-8ではなく7-8いうことでしたし、その適当さが不的中に繋がった感じですかね。

 

 

まあ、答えはそうなんですけれども、以下はハズレ馬券を握った私の妄想脳内ですので、スルーおkです。

 

 

私のアプローチとしては、今回の第82回皐月賞のG1ヘッドラインのキャッチ。

 

 王道に名を刻め、屈強な若者の軌跡が輝く。

 

 

これが、2018年の第62回大阪杯のG1ヘッドライン

 

 屈強である勇者だけが春の王道に名を刻む。

 

 

に酷似しており、何かが引き継がれるという読みでした。

 

 

結果的に当時の大阪杯の枠連3-8をそのまま入れるような形となり不的中となりましたが先週末、
皐月賞のサインレースとしていたレースがあり、それが土曜の中山8R。

 

1着 5枠9番 マーチリリー 戸崎
・・・
4着 3枠5番「サツキ」マス
・・・
除外 2枠4番 プレフェリータ

 

 

そこから第82回皐月賞。2枠4番のキラーアビリティを軽視し、3枠の戸崎を浮上させた経緯がありましたが、
164km/hのストレートをフルスイングの空振りした結果となりました(は?)
吉岡先生、まだ早かったですか・・

 

 

あと、

 

> 第27回アンタレスステークスにオメガパフュームが出走するなら思うところがあるので、、

 

と書いてましたがこれは、

 

オジュウチョウサン
昨年暮れのG1制覇→第24回中山グランドジャンプ優勝
 ↓
オメガパフューム
昨年暮れのG1(第67回東京大賞典)制覇→第27回アンタレスステークス優勝
 ↓
キラーアビリティ
昨年暮れのG1制覇→第82回皐月賞13着

 

 

三段落ちというものですね。あちらさんちょこちょこやってますし、逆バージョンもあるのでここまで読まれていないとは思いますが知っておいて損はないかなと思います。
中間載せてたディーマジェスティの馬券とか

 

 

だったらアンタレスステークスも買っとけよ。
引退撤回はこのためか

ブログランキングに参加しています。よろしければポチっと応援お願いいたします。
 にほんブログ村 サイン競馬ブログ 裏読み競馬予想へ エアランキング ノンセクション



執筆取材のお仕事依頼やご相談等々コメントやお問い合わせはこちらから