そのフィナーレは紅白で示す。第164回天皇賞秋回顧

 

 

申し訳ない気持ちでおります。例のランキングサイトにまで行ってらっしゃった方に対しましては、、

 

 

武豊が居ない秋天に武史が来た。ということになってしまった訳ですけれども、

 

第164回天皇賞秋の3枠。横山兄弟枠でしたが、それが結果としてそのまま朝一3枠ゾロ目決着示唆を意味していたものと受け止め、益々3枠は怪しい。となってました。

 

武史騎手の2週連続はないと甘く見ておった節もありましたが、私のその◎がそのような強いおうまさんに負かされたのであればまだ、受け容れはしやすい。

 

コントレイルは五輪が終わって普通は薄まると見るところでもあるのですが、
配置された1枠は、個人的に妄想する2021年秋G1サイン馬サインレースが示していたものであり、
今回スタート前のファンファーレが航空自衛隊航空中央音楽隊によるファンファーレ生演奏でしたので、まだ生きかなと思ってました。

 

 

> そのお二人の結婚とか、衆議院議員選挙とか。そこからなら発動枠はある程度絞れるかもしれません。 とか、

 

> 天皇賞秋篠宮。メインテーマでしょう。
> でないと、約2か月もの間、姿形変えながら映し続けてきた意味がありませんからね。 とか、

 

をベースに久しぶりに枠連買いましたが、買いへと至り、その相手に軽視した筈の3枠を指定していたのは、日の丸連想一本。

 

その発想へ至るには勿論、前例あってのものですが、ざっくり思い出されるものでも、
第31回エプソムカップ、第39回ジャパンカップ、第44回エリザベス女王杯あたりでしょうか。

 

同様に発想が至ること、この先もあることでしょう。
そのタイミングが来たと思ったら、今回のそのように枠連1-3一点勝負で運試しされるのも悪くないかもです。

 

 

結局は、中間あちらさんが引き続きロンジン社と手を組みジャパンカップを開催するという告知は、
昨年の第40回ジャパンカップの三つ巴決着の再現示唆ということだったんですね。

 

 

にしても、土曜重賞といい秋天といい、単が当たらんよー・・・

ブログランキングに参加しています。よろしければポチっと応援お願いいたします。
 にほんブログ村 サイン競馬ブログ 裏読み競馬予想へ エアランキング ノンセクション