ガッキー誕生日から第82代オークス馬ユーバーレーベンに繋げるとしたら・・・

まあ、それに引っ張られて、ソダシが最後まで1人気に推された気持ちも理解はできます。

 

昨年の第87回日本ダービーが、その中間、ブルーインパルスを飛ばしてコントレイル。
という前例もありましたからね。

 

 

結局は、先の記事で書いた通り、東京10Rでガッキー馬券を登場させ、オークスでは岡田氏追悼。

 

「なんだよ、釣られたやん。」なのでしょう。きっと。

 

 

ですが、オークスのユーバーレーベンはガッキーと全く無関係だったわけではなかったかも。という妄想。

 

 

実は私、岡田氏追悼とは別に(といいますか最後までそのシナリオはなかった)、ユーバーレーベン発動を疑っていたことが全くなかった訳ではありませんでした。

 

ステラリアを推してましたが、2番手アカイトリノムスメ、3番手ユーバーレーベンくらいの位置付け。

 

 

結果軽視したのは、連動枠ではなかったところと、ラフィアンでは難しいと思ったこと(ここで岡田氏追悼シナリオなど一欠けらもなかったことがバレバレ)、東京10Rの結果と、手塚師管理馬だったこと。です。

 

 

疑ってなかった理由としては、ガッキーと同じ誕生日の調教師による、日曜大ヤリがあったからです。

 

古賀慎明調教師のことですが、日曜は3頭出走させ、2勝。うち一つは5枠発動。
で、「アサヒ」ライジングによって開業後初勝利を挙げた調教師ですが、

 

星野源さんと新垣結衣さんといえば「逃げるは恥だが役に立つ」での共演。

 

その舞台が、横浜市「旭」区であり、アサヒライジングは2006年の第67回オークスで5枠出走(3着)
しかも、勝ったのがユーバーレーベンと同じ位置、「5枠9番」のカワカミプリンセスでした。

 

 

ということは、ガッキーシナリオを追っかけていても良かったということですか。。

 

しかも、外部シナリオと内部シナリオの融合があったわけですね。美しい。
まだまだ、読みが浅かったです。

 

 

第88回日本ダービーは、月曜に発売される月刊優駿最新号。
それにとって代わるのがオークスと異なるところです。

 

既にあのおうまさんを軽視している私ですが、ソレデイイノカといった判断材料になろうかと思います。

 

以上、反省文でした。

ブログランキングに参加しています。よろしければポチっと応援お願いいたします。
 にほんブログ村 サイン競馬ブログ 裏読み競馬予想へ エアランキング ノンセクション