取り敢えず見つけてはみた。2021年春G1の・・・

いやー、今見つけた(妄想)は遅すぎ。
といいますか、

 

サインで競馬と向き合い、ブログで語る身としては破門レベルですね。

 

 

今年は、個人的に、おかしいと思ってましたし、未だ未だ実力が及んでいないということなのでしょう。

 

例年なら、春G1であれば、早くて高松宮記念。そうでなくても大阪杯あたりで疑いを持つおうまさん、1頭乃至2頭くらいは見つけているのですが、
今年は全然見つけられてませんでした。

 

見つけたと思っても、直ぐに透かされたり、、

 

 

で、もしかしたら、そのおうまさんではないかという疑い。
ようやく見つけられたのか?

 

春天でいきなり否定されなければいいのですが。。

 

 

今回閃いた2021年春G1サイン馬サインレース。
そこへの妄想の原点は矢張り、コロナですが、
今年の主役は変異種。そこからの妄想です。

 

しかも、現役。

 

 

それを追っていったところ、これまでではありますが、

 

そのおうまさんがデビューしたとある日。

 

1Rの1着馬番が2021年フェブラリーステークスの1着馬番
2着枠が2021年フェブラリーステークスの2着枠
1着騎手が2021年フェブラリーステークスの優勝騎手

 

2Rの2着枠が2021年高松宮記念の1着枠

 

3Rの1着枠番馬番が2021年大阪杯の1着枠番馬番
2着馬番が2021年大阪杯の1着馬番(頭数差異換算)

 

4Rの1着枠が2021年桜花賞の2着枠

 

5Rは連動が無かったが1着騎手が横山姓であり2021年皐月賞の優勝騎手も横山姓

 

 

この5Rで連動終わりか否かの確認作業が翌週の第163回天皇賞春へ与えられた宿題。
言ってしまいますと、登録17頭が全て出走した場合1・2・8枠が発動すればその先も追っかけ甲斐があります。

 

 

まあ今週末はG1の谷間。まあ香港はありますが国内では
第18回福島牝馬ステークス
第52回読売マイラーズカップ
第56回サンケイスポーツ賞フローラステークス

 

といったG3・G2の週になります。

 

 

福島牝馬ステークスで思い出されるのは、この時の追っかけアツかったなあ。と。

 

 

 

菜七子ちゃん朝一のレースでの落馬から15番人気のマコトブリジャールへと結び付けたのはもう5年も前になりますか。

 

 

まあ今週末は谷間いうことで小休止されるとしても、福島牝馬ステークスの発動馬はチェックしておいた方が好いかもしれません。(昨年の秋華賞のこと憶えてますか?)

 

 

さておき、何時も申し上げている月刊優駿。通常ですと25日発売。
それが今月は、24日発売となります。

 

ということは、土曜日から、月刊優駿から、出ますよ。ということですね。

 

 

東京競馬場で一人、読み解いてます。
夜勤明けなのでスタンドで寝ちゃうかもしれませんね。

 

 

スマホ握って寝落ちしている光景を見かけたら、私だと思ってください笑

ブログランキングに参加しています。よろしければポチっと応援お願いいたします。
 にほんブログ村 サイン競馬ブログ 裏読み競馬予想へ エアランキング ノンセクション