第70回京都新聞杯回顧 YAHOOにあった記事を信用した結果w

2022/05/07 22:36:07

えーと、ゴールデンハンマー、、いや、ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか?

 

私は専門サービス業ですからゴールデンウィークも何もないのですが、何とか生きております笑

 

 

そのゴールデンウィークも終盤に入り、曜日の感覚がなくなっている方もいらっしゃるかもしれません。
実は、私もその中の一人です笑

 

働いていてもそうなります。

 

 

そんなことよりもですが、ゴールデンウィークのラストには中央競馬が控えているということになりますから、

 

えー、私は土曜日夜勤明けでしたので、帰りの電車内で第70回京都新聞杯。
入れてみました。

 

 

の結果が、こうだったのですが、

 

 

 

3着は私にとっては的中ではないので微妙ですが、
先の第165回天皇賞春の惨敗を思うと、払戻を受けられたのは良かったかなと思ってます。

 

 

あとー、そういう経緯もあったので、気分転換に久しぶりに遊びで三連複買ってみたのですが・・・

 

 

 

これ、めちゃくちゃ惜しくないですか笑
これだから三連系きらい

 

 

という三連複は兎も角、その複勝馬券ですが、根拠は、、これですね。
「複勝率100%」の激走データに合致する“人気の盲点”となる馬は【京都新聞杯】 YAHOO!JAPAN

 

 

中間、ネタ探しでリサーチしていたらありました。
そこで、その仔を教えてくれたんですね。

 

 

・・・ん?いや、ちょっと待て。

 

おたくがやってるのサイン競馬だろ?
しかも優駿やなくてそれ、優馬やん。

 

 

はいそうですね。でも、そうやって一般大衆に発信されている競馬ネタ。
そこで抽出されたおうまさんは、結構透かされる。というのが私の中の定説です。

 

 

それを今回、乗っかった理由ですが、月刊優駿の中にデットーリ騎手がいました。

 

チュウワウィザードも出走し、3着だった今年のドバイワールドカップの一コマですが、
優勝馬のカントリーグラマーに騎乗していたのがデットーリ騎手です。

 

カントリーグラマーはアメリカのおうまさんですが、この週末はケンタッキーダービーも行われるのでデットーリ騎手強調。そこから何かないかな・・

 

で、デットーリ騎手はジャパンカップを3勝してきましたので、そのうち2回の発動枠7枠からですね。
強い枠だと思い、結果コラボ馬券のような形となりましたが、3着ではそれほど強くなかったかもしれません笑

 

 

で、月曜以来の更新ですが、その時に書いていたキーホース。アスクワイルドモアがそのまま頭を獲ることになりました。
その仔3枠引いていたのならそれこそ、強い枠だったかなのかなと妄想しています。

 

 

月刊優駿にダーレージャパン(生産者)のおうまさん紹介されていましたが、現在の代表者は、ハリー・スウィーニィ氏です。

 

 

ハリーは・・・は、と言うと馴れ馴れしいですかね?まあでも私は元々ワラウカドの一口馬主もやってましたし、そのワラウカドの代表でもありますし、

 

直筆なんたらくれてたりもしてましたから良しとしましょう笑

 

 

 

まあまあそこは。ですが、ハリーはパカパカファームの代表者でもあります。

 

で、先週。第12回NHKマイルカップをブービー人気で制したピンクカメオが他界した報がありましたが、ピンクカメオはパカパカファーム産です。

 

 

そこから優駿掲載のダーレージャパンとの関連を結び付けたかったのですが、ワラウカドのクラブ法人名はフクキタル。

 

ということで当週。唯一の出走馬が居ました。

 

 

それが、朝一の土曜新潟1R障害4歳以上オープン

 

「3枠3番」ゼノヴァース 1着
 ↓

 

第70回京都新聞杯
「3枠3番」アスクワイルドモア 1着

 

ですね。

 

 

・・という土曜日でしたが、日曜日は2022年春G1第7戦。第27回NHKマイルカップが行われますが、鎌倉殿の13人は出てくるのでしょうかね?
日曜は母の日でもありますが、その日の放映は壇ノ浦の戦いのようです。日本の歴史において、大きな白黒が付いた戦いでしたが何か映されるのでしょうか?

 

という、妄想。ファンタジーはさておき、前日段階で単勝10倍を切っているおうまさんは・・5頭ですか。

 

 

わかりました。では、その中より、土曜までの流れから第27回NHKマイルカップで頭は厳しいと妄想する上位人気馬。
こちらに刻んであります。

ブログランキングに参加しています。よろしければポチっと応援お願いいたします。
 にほんブログ村 サイン競馬ブログ 裏読み競馬予想へ エアランキング ノンセクション



執筆取材のお仕事依頼やご相談等々コメントやお問い合わせはこちらから