アーリントンカップ・中山グランドジャンプ回顧から第82回皐月賞へ

2022/04/16 20:00:16

あー、第27回アンタレスステークスもですねー。

 

ですが、取り敢えず仕事いえども土曜重賞も入れていたのでそのお話から。

 

 


 

 

ということでまあ、第24回中山グランドジャンプの的中スタンプは微妙ですが、
第31回アーリントンカップは結果、信頼できた1番人気ということでやむなしと入れていたものです。
オジュウチョウサンもでしたか・・

 

 

ただー、何を以って信頼できる1番人気としていたかといえば、超単純発想です笑
今回は。

 

日曜日は、第82回皐月賞のほかにも第27回アンタレスステークスありますけれども、
アンタレスとは、さそり座の1等星ですよね。

 

 購入理由は、それだけです(!)

 

 

さそり=スコーピオン→ダノンスコーピオン。
それだけで樋口さんまで届いてました。

 

 

もう一つの重賞。ジャンプG1のことですけれども、
長澤まさみさんと同じ誕生日。が如何なく発揮されたJG1が続いているという結果になりました笑

 

 

昨年暮れ。あちらさんのプロモーションキャラ。長澤まさみさんと見上愛さんを起用することが発表され、
その後に控えていた第144回中山大障害で、長澤まさみさんと誕生日が同じな方が 1着発動しました。

 

今回の第24回中山グランドジャンプは、その検証もあって私の◎馬券は複勝止めとしていた経緯があったのですが、
故にオジュウチョウサンの伝説が今もなお、続いているのは必然なのかもしれません。

 

 

その私の◎がマイネルレオーネであった理由は、月刊優駿にて岡田総帥の追悼記事が続いていたからですが、
マイネル馬はもう一頭出走していたのでその序列ですね。

 

それは時事ネタからですが、千葉ロッテマリーンズの佐々木朗希投手の完全試合達成からでした。

 

 

第82回皐月賞でキラーアビリティという、昨年暮れの第38回ホープフルステークス優勝馬が出走してきますが、
朗希の希はホープであり、hopefulの意味の中には完全な・・という意味もあるので何かしら刻まれてくれたらという願いはありました。

 

そこから連想された枠連2-7いうのは、プロ野球における完全試合達成。
これは1994年の元読売ジャイアンツ投手槙原寛己さん以来でしたが、その週末に行われた第55回オークスの枠連が2-7だったからですね。
チョウカイキャロルのオークスです

 

 

ただ、佐々木朗希投手はその記録達成とは別に、13者連続奪三振という新記録も達成していましたが、その記録更新は64年ぶりでした。

 

競馬界で64年ぶりの記録達成といって真っ先に思い浮かぶものは、、
ウオッカの牝馬ダービー制覇でしょうか。

 

その発動枠が2枠というところも根拠としていましたが、、
ウオッカはロシア語でしたね。発動はよろしくなかったいうことですかね
私の中で3着は発動とはいわない

 

 

そんなこんなで結構、私都合でおうまさん走らせましたが、
仕事メインではそういった遊び(?)もないとやってられませんし、結果お金になってくれたところもあったのなら良かったです。

 

 

日曜日は第82回皐月賞が控えてますが、前日段階で単勝10倍を切っているおうまさんは、、、5頭もいるんですか。

 

 

本当は、第27回アンタレスステークスにオメガパフュームが出走するなら思うところがあるので見届けて判断したいところが本音ですが、出勤中の視聴でどこまで対応できるか?

 

それにそのスタイルではランキングサイトに誘導させてしまう意味というものも無くなってしまいますので、できれば荒れにくい日の巡りではありますが、先の第39回フェブラリーステークスの時のことが無いようにしたいなあとは思ってます。
そのあと翌朝まで働くことを思うと・・

 

 

その上でですが、第82回皐月賞。土曜までの流れから頭は厳しいと妄想する上位人気馬。
そちらに刻んであります。

ブログランキングに参加しています。よろしければポチっと応援お願いいたします。
 にほんブログ村 サイン競馬ブログ 裏読み競馬予想へ エアランキング ノンセクション



執筆取材のお仕事依頼やご相談等々コメントやお問い合わせはこちらから