第39回東海ステークス・第63回AJC杯回顧の続き 勝負服が語るもの

2022/01/24 09:11:24

日曜の第39回東海ステークス。7番人気のスワーヴアラミスが頭を獲りましたが、
このおうまさんもわたくし、全く見ていなかったわけではありませんでした。

 

 

私の読みのベースが月刊優駿という点と、昨年このおうまさんが頭を獲った第26回エルムステークスのシナリオのインパクトが強かったという点から、今回それほどインパクトを感じなかったという点で結果軽視してました。

 

関連記事:オリンピックが終わった先を映すもの 第26回エルムステークス回顧

 

 

その上で、1着発動したということは勿論、関連するものがあったわけですが、それは、

 

第63回AJC杯に出走した船橋所属キャッスルトップの存在。

 

 

このおうまさんは、昨年大井競馬場で行われた第23回ジャパンダートダービーをブービー人気で制し、
鞍上の仲野光馬騎手は当時騎手生活8年目にして初の重賞制覇。現在も唯一保持する重賞タイトルです。

 

 

で、中間からこのおうまさんの存在は何かに作用する。と妄想はしていましたが、胸で泣かれたレースに直結するところまでは発想が結果至らなかったんですね。
いいんですよ。その雑音は。当ブログは元々変態ちっくですし、その子からもエ○柱いわれてますから。
エ○の呼吸 壱ノ型 正常  

 

で、最終的に妄想がどのように作用していたのかというと、
第63回アメリカジョッキークラブカップ
「3枠」3番 キャッスルトップ
 ↓
第39回東海テレビ杯東海ステークス
「3枠」5番 スワーヴアラミス 1着

 

地方ダートを主戦場をするおうまさんの枠が、ダート重賞東海ステークスの1着枠というサインですね。

 

 

且つ、

 

 

 

 

鞍上2人が着ていた勝負服の配色まで同じ。地方の勝負服はジョッキー服ですから、中央参戦の際は改めて馬主服を確認する必要があります。
映像で確認出来たファンへの最後のヒント。サービスとも取れますね。

 

 

勝負服がサインに直結した前例は多数なのですが、先週書いていた

 

> 先の日曜重賞。すなわち第69回日経新春杯と第62回京成杯のことですけれども、

 

> 立て続けに5枠が使われた意味。

 

> これがですね、これまで述べてきたものとは別の、視点があったのかも・・?という疑念が出てきたのですが、

 

> これについては、もう少し温めておきます。

 

 

これも実は勝負服のことでありまして、何か言いますと、

 

1月10日水島新司さん逝去→ドカベン→山田太郎=西川賢→冠名ウエスタン=黄色の勝負服

 

のことを暗に申し上げてました。

 

 

日曜小倉最終。先週唯一のウエスタン馬出走しましたが、

 

 

ちょっと判りにくいですが、西川賢氏の勝負服は黄一色です。
時間あればリプレイ映像等でご確認を

 

 

それを踏まえ、第69回日経新春杯と第62回京成杯は、上のフローから行くと、

 

連続5枠発動=連続黄枠発動→西川賢(黄一色の勝負服)=山田太郎→ドカベン→水島新司さん追悼
にも通ずるものがあったということです。

 

 

アニメネタにも繋がりますが、アニメも過去の前例幾つか触れてましたし、直近では昨年暮れの第38回ホープフルステークス。
キラーアビリティの1着発動と管理するさいとうたかし調教師という点から、殺し屋が主人公のゴルゴ13作者さいとうたかをさんの追悼だったとも見て取れます。

 

 

まさに抜かりなし。のあちらさん。インテリ集団。そこへ一人で立ち向かう。
追走は大変ですが、攻略ヒントも与えてくれてるので拾ってあげましょう。

 

 

そういえば、、アカイイトの勝負服も紅白やんか!

ブログランキングに参加しています。よろしければポチっと応援お願いいたします。
 にほんブログ村 サイン競馬ブログ 裏読み競馬予想へ エアランキング ノンセクション



執筆取材のお仕事依頼やご相談等々コメントやお問い合わせはこちらから