第82回菊花賞 それらのシンクロは何処までが偶然?

既に菊花賞の馬券買われています。
金曜段階から購入とはどこまで自信があるのでしょうか?笑

 

 

さて、先にこの中間。甲子園のスターが2人、引退表明されたことを書きましたが、
そのうちの一人が松坂大輔投手です。

 

プロモーションキャラに松坂桃李さんがいることはさておき、
東京上野のトラック突っ込み。突っ込んだ先が松坂屋とはどこまでシンクロし過ぎなのでしょうか?

 

まあ、それもサインとしたいのなら、ナンバープレートは10-14でした。
後の扱いはお任せします。

 

 

松坂投手は平成の怪物と呼ばれていましたが、第82回菊花賞。
ディープ「モンスター」が出走しますね。

 

このおうまさん、父はディープインパクト。
ダービー以来の出走ですが、当時は父と同じ位置に配置され、菊花賞もまた父と同じ位置に配置されました。鞍上もまた父と同じ武豊騎手です。

 

 

また、甲子園のもう一人のスターの引退。斎藤佑樹投手ですが、夏の全国高等学校野球選手権大会の優勝。
その日に行われたJRA重賞は札幌記念。勝ったのはアドマイヤムーンで鞍上は武豊騎手でした。

 

更に、松坂大輔投手が優勝した夏の全国高等学校野球選手権大会。
引き分け再試合で決着がついたのは月曜日でしたが、本来であれば日曜日に決まるはずだった優勝校。
その日に行われたJRA重賞も札幌記念。勝ったのはエアグルーヴで鞍上は武豊騎手でした。

 

 

従って、第82回菊花賞はその人馬がヤルのか否か。ヤらなければ何か役割があるのか。もポイントかと思います。
隣がエア冠名なのですけれども

 

 

また、白々しくも第82回菊花賞は牝馬の出走もありますね。これも何を意味するのか?
これまたあの方の何かを訴えているのかもしれませんし、そうであれば相応の映しもあろうかと思います。

 

 

白々しいといえば、もうお気づきかと思いますが、吉田隼×須貝コンビもさることながら、
須貝×大野オーナーコンビの2頭のヴェローチェ馬も出走します。

 

ヴェローチェはヴェローチェでも・・なんて、ベガはベガでもホクトベガ、ゴールドはゴールドでもゴールドアクター。
みたいなオチを期待していたとしたら、そこまでに消化する約70レースに潜むヒントを探る作業があっても悪くないでしょう。

 

一応は、人気のない方のヴェローチェは、その位置と鞍上からして幸せの黄色いハンカチ王子というこじつけは可能です。

 

 

私は発動枠をある程度抑えましたが、土曜日に行われる第24回富士ステークス。
並びを見ると連動が良さそうなので、その結論は矢張り富士ステークスの結果を受けてから。

 

本来であればレース直前までの見極めを経て出すべき結論ですが、
今回は夜勤明けで駆け引きが行われている間は夢の中ですので、朝帰りの車内で馬券買って果報は寝て待て。神頼み馬券になります。
先週の利がさらに膨らむか、利益還元祭になっているかですね。

 

変則シフトとなりますので、繰り返しになりますが、例のランキングサイトに公開予定の菊花賞の頭は厳しいと妄想する上位人気馬。遅くとも日曜のお昼ごろには刻んでおきたいと考えてます。
次の記事公開も回顧記事になるんかな。。

 

 

時は変わって次週ですが、10月30日土曜日。東京競馬場で生観戦決まりました。
もう10年以上続けている仲間内のイベント、clubケイバ。
席数も増え当選への導きもあり、コロナ前以来の集まりが叶いそうです。

 

現地観戦ならではの気付きもあるかもしれません。それは第164回天皇賞秋での見解ということで。

 

 

(追記)
土曜までの流れから第82回菊花賞の頭は厳しいと妄想する上位人気馬。こちらに刻んであります(取扱注意)

ブログランキングに参加しています。よろしければポチっと応援お願いいたします。
 にほんブログ村 サイン競馬ブログ 裏読み競馬予想へ エアランキング ノンセクション