トライアルレースを迎えるにあたり・・・ローズS・セントライト記念

2021/09/16 20:21:16

って、もう紫苑ステークス終わってるがな。

 

 

さておき、世間でいう3連休がそのまま、中央競馬では3日間開催として行われますが、私の次の休みはー

 

 3連休明けになります(!)

 

 

週末仕事なんぞ慣れたものではありますが、結果は即日確認を心がけているので、
平日に休みが集中すると復習が二度手間になるんですよね。
競馬ライフが全てではないですし、次週の予習も必要ですから難儀です。

 

 

で、そんな私のことより3日間開催は毎日、重賞が用意されています。

 

第23回阪神ジャンプステークス
第39回関西テレビ放送賞ローズステークス
第75回朝日杯セントライト記念

 

 

ですが、

 

シフトの都合上、毎度例のランキングサイトに刻んでいる頭は厳しいと妄想する上位人気馬。今回はローズステークスだけになりそう。
セントライト記念もいけるものなら・・という気持ちではいますが、テンション続けばのお話になりますので元気玉が手元に届けば頑張ります。
なんやそれ

 

 

で、ローズステークスですけれども、関連するトピックとしましては、
ソダシの秋華賞参戦が発表されました。

 

従いまして、そこでの勝ち馬は最高でも2番人気となります。
うん、そうでしょう。間違いないと思います。

 

 

で、秋華賞ですけれども、最も早かったリリースではその日に、
衆議院議員選挙の投開票が行われるという話でした。
任期満了が週が明けた10月21日ですので、その直前まで引っ張るという流れ。

 

ただ、その流れだったのは未だ菅さん続投を前提とした話で、今回はどうやら現行憲法下では初のケースとなる任期満了後に投開票になりそう。
秋華賞を使ってソダシが白旗上げるシナリオではなくなりました。

 

 

と、まあ何故もう秋華賞の話をするのかですけれども、既に逆算を始めているからです。
ことG1に対しては、想定出る前に(まあ出てからでもいいですが)あわよくば枠順まで妄想していることが理想です。

 

一致することは先ず無いですけどね笑

 

 

枠順妄想は勿論、理由つけながらやっていきますが、一致しないということはあちらさんとのギャップがある。ということですので、そこで修正を加えていく流れです。
意地張らず◎変えて上手くいった例は数知れずです

 

こと秋のクラシックは毎年毎年、春の実績馬か上がり馬か。という対決構図を描いてきますし、
その前のトライアルレースは春の実績馬が上位人気を占める流れになりがちですが、
その上で本番に18頭を埋め尽くすには春の実績馬だけでは足らんでしょう。

 

 

私の馬券は単複中心なので、春の実績馬の取捨に最もウエイトをかける形になりますが、
3連系で勝負されているのなら、春の実績が足りないおうまさんへの取捨が大事になってきます。

 

そこで権利を取れず、更に登録・抽選。へのラインナップと選定までは流石に読み切れませんが、出来る限り事前準備はしておいて悪くないです。

 

 

そのあたりを踏まえ、月刊優駿最新号の当該週見るべき箇所ですが、牝馬三冠馬の話が出てますね。
スティルインラブのことですが、その中で何故、突然毎日王冠というフレーズが登場するのでしょうか?

 

別の箇所には「ほかの馬でも走ってほしい」というフレーズを見かけましたが、
これ、解釈次第ではセントライト記念で穴馬が浮上してきますが妄想し過ぎもいいところでしょうか。

 

この先何も見出せなければ、その仔の複勝で遊ぶかもしれませんが・・・
あれ、ジャンプ重賞にも当て嵌まるおうまさん、居ました。

 

 

セントライト記念は月曜日なのでね。修正やりますがな。

 

 

(追記)
ローズステークスの頭は厳しいと妄想する上位人気馬はこちらに刻んでいます。

 

(追記)
セントライト記念の頭は厳しいと妄想する上位人気馬をこちらに刻んでおきます。
馬番だけ表示されていた場合は前日のローズステークスのままですのでその際はメイン前にご確認ください。

ブログランキングに参加しています。よろしければポチっと応援お願いいたします。
 にほんブログ村 サイン競馬ブログ 裏読み競馬予想へ エアランキング ノンセクション



執筆取材のお仕事依頼やご相談等々コメントやお問い合わせはこちらから