第80回皐月賞回顧(サイン視点)

医療従事者たちへ送る感謝の気持ちとエールとして東京都庁が青くライトアップされていた。第80回皐月賞の2着枠。

 

第80回皐月賞は、限られた時間の中で練った穴馬、ガロアクリークに100円の望みを乗せてみたが3着という結果に終わった。

 

確かに今回、私が妄想しているサイン馬、サインレースからは、

 

あるおうまさんが未勝利を勝った日に行われた第5Rの1着枠が皐月賞の1着枠。であり、
あるおうまさんが勝ったメインレース(G1)の日に行われた第5Rの2着枠が皐月賞の2着枠、1着馬番が皐月賞の2着馬番。を示した結果であったため、

 

2歳G1を勝った者同士の枠を買っていれば難なく的中していたレースだった。

 

 

ただ、今回は時間がそれほど取れなかったところから、この機会に別に描いていた疑念、妄想の検証レースとして向き合ってみたが、
3着という結果がまた、中途半端。沈んでくれたほうが迷いから消えたのに。という思いでいる。

 

 

次週はG1の谷間週にあたり、その更に次週には令和になって以降最後のG1レースとなる第161回天皇賞春が控えている。
素直にそのサインへ目を向けると見るべきレースは第6Rということになろうが、どうやら共通枠が示されているようだ。

 

その枠には、登録16頭。どれが入るのか。


ブログランキングに参加しています。よろしければポチっと応援お願いいたします。
 にほんブログ村 サイン競馬ブログ 裏読み競馬予想へ エアランキング ノンセクション