第64回大阪杯を解く手掛かり

高松宮記念大勝後に迎える第64回大阪杯。
フルゲートではないがメンバーに不足はない。

 

ドバイが早々延期を表明していたら更に濃いメンバー構成となっていたかもしれないが、そこはもう既定路線と考える。

 

 

実は、宮記念のような閃きを今回持ち合わせてはいない。
昔のブログで書いていた「必読書」、今は素直に月刊優駿と書いているが、
私は長い(たぶん)終活の一環で、極力モノを持たないよう心掛け、その書も最近は電子書籍で購読している。

 

 

まあ、どんな形でもアプローチは同じだが、今週注目すべき箇所2点。
そのうちの1つが、1ページ半ほど使ったタワーオブロンドンの画像だった。

 

いくら電子書籍でも、流石にスクショは叶わなかった故、その画像の別角度で撮影されたものが、今回のキャッチ。そのまんまJ○Aさんのサイトから拝借した。
結果として、そこで後塵を拝していたおうまさんが、宮記念の頭だった。

 

 

その上で、大阪杯CMは宮記念CMの使い回し。
故に、今回も「同じ日に、二度走らない」は解くべきキーワードの一つになるかもしれない。

 

 

今回も、シナリオの根底にはコロナ、それ一本。
桜花賞も、皐月賞も、同じ。
そこから優勝馬が決まっていく筈である。

 

 

マスク2枚配布の報で、ある穴馬が浮上したと思ったのは私だけか?
今週の身内トピックに絡むワードもそのおうまさんに含まれているのだが・・・

 

 

今週末も仕事。桜花賞も、皐月賞も、同じ。

 

私のところでも一部導入されているテレワーク制度。
この先、私にも及び、週末も絡んだら・・・やばいな笑


ブログランキングに参加しています。よろしければポチっと応援お願いいたします。
 にほんブログ村 サイン競馬ブログ 裏読み競馬予想へ エアランキング ノンセクション