理解しだしたかも? 第59回愛知杯回顧

2022/01/16

えーと、本日は日曜日。東西2重賞がこの先行われようかというタイミングで土曜の第59回愛知杯のお話をするのも何なのですが、
何となく見えてきたものがありましたので、備忘録として刻んでおきます。

 

 

第59回愛知杯は月刊優駿からのアプローチというよりは、
スノーフォール追悼レース

 

この疑念が出てきました。

 

 

スノーフォールは昨年、3つのオークスを制し、その中でも英オークスでは2着馬に16馬身差をつけた圧勝劇でした。

 

この中間、骨盤骨折により、安楽死の処置が施されたことはご存じかと思います。

 

 

この仔についてわたくし、昨春G1シーズンにスノーフォールは日本で言うとソダシ。
そう、こじつけをしてました。

 

海外では白毛馬の活躍がみられないので、当時は白雪のイメージも持てそうな馬名。スノーフォールと例えていたんですね。

 

 

で、ソダシのオーナーは金子真人氏で、第59回愛知杯を制したルビーカサブランカのオーナーも金子真人氏でした。

 

 

そして、ソダシの最近走は先月の第22回チャンピオンズカップ。そこで惨敗しましたがその位置。

 

第22回チャンピオンズカップ
1枠1番 ソダシ 金子真人氏 12着
 ↓

 

第59回愛知杯
1枠1番 ルビーカサブランカ 金子真人氏 1着

 

静かに埋め合わせをされた格好です。

 

 

また、スノーフォールが制した3つのオークスの中にはアイリッシュオークスがありました。

 

すなわち「愛」オークスということですが、

 

第127回(2021年)愛オークス
1着 1番 スノーフォール
 ↓

 

第59回「愛」知杯
1着 1番 ルビーカサブランカ

 

 

という感じでようやく、繋がったようです。

ブログランキングに参加しています。よろしければポチっと応援お願いいたします。
 にほんブログ村 サイン競馬ブログ 裏読み競馬予想へ エアランキング ノンセクション



執筆取材のお仕事依頼やご相談等々コメントやお問い合わせはこちらから