BC経由の日曜重賞 あの仔は・・ と、土曜の振り返り

あちらさんが前から用意されていたコンテンツへのいざないに、タタ ターフィーの存在を見届けたと思ったら、
ララランドというおうまさんが来てました笑

 

 

で、何ですか?第57回京王杯2歳ステークス。穴馬が頭を獲ってましたけど、
仮装して京王線に乗り込み、車内を燃やし、乗客まで刺したあの者がエルメスとでもいうのかい?
事件のことも過ってましたが、そういった形での映しは妄想すらしてなかったですね。

 

 

第26回KBS京都賞ファンタジーステークスは、面白い並びとのくだりから推し馬名載せてたので複勝入れてみました。

 

 

 

先に同じ位置にファンタジーいたのでね。管理するのが吉岡「辰」弥調教師という強調材料がありながら発動してなかったのを昼休で確認の上での行いです。

 

まあ、3着では私の中で発動とは言わないので微妙なところもありますが、微増という相応の返しみたいなもんですし、明日の夜勤のドリンク代にでも充てます。

 

 

土曜段階での日曜重賞の頭は厳しいと妄想する上位人気馬。そのランキングサイトに刻んではいますが、
本番を迎える約30レースに加え、日曜朝にはBCがあるので超えるべきハードルは相対的に増えます。
の割にはやり過ぎ感否めない?笑

 

土曜の結果をざっと見る限り矢張り、あの二人連想はもう過去のものになっていそうですが、
マ「マコ」チャだから未だ生き。とするならば、勝てば史上初日本馬の3か国G1制覇となるラヴズオンリーユー。
アメリカ移住も後押しと見るなら順風と見て良し、3着なら弱いと見るなら逆風と見て良しです。

ブログランキングに参加しています。よろしければポチっと応援お願いいたします。
 にほんブログ村 サイン競馬ブログ 裏読み競馬予想へ エアランキング ノンセクション