第100回凱旋門賞の仕掛け?

2021年秋G1、

 

はじまりますね笑

 

 

私は相変わらず週末仕事ですが、その中においても何とか、第55回スプリンターズステークスの頭は厳しいと妄想する上位人気馬をピックアップし、代わって頭を獲るおうまさんもまたピックアップできればと目論んでます。
その、頭は厳しいと妄想する上位人気馬は遅くとも、日曜のお昼ごろには例のランキングサイトでの公開したいなと思ってます。

 

 

これ書いているのが土曜になった明け方。不規則勤務なので時にそうもなってしまいますが兎も角、
既に東西重賞の枠順は発表されていますし、第100回カタール・パリ凱旋門賞の出馬表も木曜に早や発表されています。

 

15頭立てで3歳馬が8番以降に集中しているのは凄いですね笑
あちらさんの思惑とはどんなものなのでしょうか。

 

 

今回の凱旋門賞は、馬番=ゲート番のおうまさんはいませんでした。
購入は馬番ですので余計な数字は出しませんが、日本から参戦の2頭はディープボンドが2番、クロノジェネシスは7番。

 

また、ユタカさんが騎乗するブルームは3番、自身連覇が懸かりディープボンドからラービアーに鞍替えしたデムーロ弟は6番。
欧州馬しか勝利の恩恵を受けられない状態が延々と続く凱旋門賞ですが、騎手は欧州以外でも優勝経験者出ています。ユタカさん頑張っていただきたいですね。

 

結局ジャパンというおうまさんは凱旋門賞出走しないんですね。
欧州では例えばオブライエン厩舎が何頭も登録し、最終的には馬場状況などを理由に回避させるケースが常態化しています。

 

そういう部分では想定段階から大きく狂わない日本の競馬はいいですね。
もしかしたらそういう姿勢も足並みを揃えないと欧州競馬に受け容れられない。まあ、そんなことまでは求められてはいないと思いたいですが。。

 

 

さておき、国内G1第55回スプリンターズステークス。
友人の出資馬も名を連ね羨ましい限りです。人気はありませんがそこに居るだけでも凄い事。何度も勝たないとそこには居ないですからね。

 

それもさておき、櫻井君や白鵬関の話をしてたらG1ヘッドラインに翔の文字がありました笑
果たしてこれは何を意味するのか。スプリンターズステークスで映すとなると何でしょうか。

 

で、既に色々なストーリーを立て狙いまで絞る作業を既にされているかもしれませんが、それによって導き出される人馬。
折角描いたストーリーは本番を迎える前に既出となってしまう可能性もあるのでお見落としなく。

 

逆にスプリンターズステークスまで確認できなかったら、今週末は凱旋門賞の可能性もありますね。

 

 

(追記)土曜段階でスプリンターズステークスの頭は厳しいと妄想する上位人気馬はこちらに刻んでいます。
もしかしてあのレースも?

ブログランキングに参加しています。よろしければポチっと応援お願いいたします。
 にほんブログ村 サイン競馬ブログ 裏読み競馬予想へ エアランキング ノンセクション