第54回スプリンターズステークスから第99回凱旋門賞へ

地味〜〜

 

 

 

ですが、わたくしが春秋G1の一発目を的中することは珍しいので(?)

 

 

的中してました。第54回スプリンターズステークス。
「してました」いうのは、今日は夜勤明け。
帰りの電車内で放り込んでいた馬券でございます。

 

 

あとは、果報は寝て待てとするつもりが、レース直前で目覚めるとは一種の病気。
だが、画面越しとはいえ、見届けることまで叶った。

 

 

次週開催。東京・京都・新潟。
かなりの制限強化の中でも無観客競馬が解除へ。

 

約半年前、JRA史上初の無観客G1となった第50回高松宮記念。

 

「音無」厩舎発動だったが、今回は少々でも観客を戻すということで、近い将来「大歓声」が戻ることを願ってのグランアレグリアだったのかも。

 

 関連記事:
 荒れる(たぶん)第50回高松宮記念
 第50回高松宮記念の妄想テーマ
 第50回高松宮記念レビュー(サイン視点)

 

 

ルメール騎手、この中間元気なかったですからね。
第24回シリウスステークスでようやく発動。その流れでは今日は切りシナリオもあるものの、
今日はメインが荒れにくい暦ゆえに1着圧勝発動というのなら、それもやむなし。

 

アーモンドアイを完封したおうまさんは、ヤネが替わろうがハイパフォーマンスは揺るがないといったところだろうか。

 

 

第54回スプリンターズステークスのキャッチ。
刹那にときめく、最速の進化は止まらない

 

過去にセツナという今の呼称なら一勝馬がいて、ラストランとなった枠連が2-5。
結果的に第54回スプリンターズステークスへのサインに直結したといえば、まあこじつけかもですが、、

 

 

にしても、

 

竹内結子さんの訃報から始まり、
角界では正代関の初優勝と大関昇進、
東京証券取引所のシステムダウンがあり、
石原さとみさんの結婚発表を経て、
トランプ大統領夫妻の新型コロナウィルス感染の週。

 

競馬界でも山本康志騎手の引退があったのに、これら何も閃かんかったなあ。。

 

 

そのあたりが、今宵第99回凱旋門賞で出てくるなんてことは・・・だが、
4頭出しのオブライエン厩舎の取消。

 

その中にはユタカ騎手騎乗予定だったジャパンも含まれており、凱旋門賞に限らずこの日総ての出走レースで取消となったが、
まさかそれを東証システムダウン。と言いたいわけではなかろう。

 

 

海外にも、地方にも、サインが存在し且つ、連動し合っている。というのが持論だが、紐づけが叶うにはほど遠い状態。。

 

 

その上で第99回凱旋門賞。
わたくし今月は週末休みが秋華賞デーのみ。先にも書いたが来月試験も控えており、凱旋門賞についての記事まで回らないと思いますゆえ、

 

先のスプリンターズステークスを見て思うところを残すとすると、12番のインスウープが気になり始めているところ。

 

 

日本の暦が遠くフランスまで及ぶことは考えられない。
2場メインの比較的落ち着いた結果に反し、エネイブルの再びの金星献上レースとなれば面白いが果たして。。

ブログランキングに参加しています。よろしければポチっと応援お願いいたします。
↓サイン馬サインレースからは連動が外れていた3強の一角は・・ 所詮は妄想。無理にポチされなくても結構です。

エアランキング ノンセクション
(PCで閲覧可。スマホでもランキングサイトにある[パソコン版]に切り替えると見れます)



 にほんブログ村 サイン競馬ブログ 裏読み競馬予想へ