第64回有馬記念枠順・・・の抽選順

夜勤明け。仮眠を取り夕方の公開抽選を中継するBSフジを視聴した。

 

 

枠順については、みなさま確認は容易かと思うので、サイン信者としては気にかかるその枠順の決定順を。。

 

今回も、ゲストが壇上に用意された馬名の入ったカプセルを一つ選び、そのおうまさんの陣営が壇上に上がってひと言いただいてから馬番の入ったカプセルを各陣営が選ぶという方式がとられた。
ゲストはJRAプロモーションキャラである松坂桃李さんと高畑充希さんが招かれ、交互にカプセルを引く形式。
これでイカサマの余地があるとでも・・・といった準備を整え、その結果が以下。

 

 

鞍上が誰になるのか判らなかった、ダービー馬であり、天皇賞馬でもある「令」デオロは三浦「皇」成騎手となった。
今回は、この16頭がONE TEAMとなり、1年に一度じゃない一生に一度の第64回有馬記念を刻む。ムーア騎手は競馬界の笑わない男らしい。

 

兎も角、抽選順→馬名→カプセルを引いた陣営→枠番馬番で並べている。

 

1 ワールドプレミア オーナー 4枠7番
2 スカーレットカラー 岩田騎手 1枠1番
3 レイデオロ キャロット代表 4枠8番
4 シュヴァルグラン オーナー 8枠16番
5 ヴェロックス 川田騎手 7枠14番
6 アルアイン 松山騎手 7枠13番
7 サートゥルナーリア スミヨン騎手 5枠10番
8 スティッフェリオ 丸山騎手 2枠4番
9 クロコスミア オーナー 6枠12番
10 アーモンドアイ ルメール騎手 5枠9番
11 フィエールマン 池添騎手 3枠5番
12 リスグラシュー 矢作調教師 3枠6番
13 エタリオウ オーナー 2枠3番
14 アエロリット 津村騎手 8枠15番
15 キセキ 角居調教師 6枠11番
16 スワーヴリチャード オーナー 1枠2番

 

 

4枠、7枠、3枠に早や同居が決まった。
有馬記念の厄枠である8枠16番が今年も早々に決まった。
1枠や1番というNHK連想も通じるところに現在進行中の朝ドラのタイトルが入っている。

 

ワールドプレミア、クロコスミアを所有する大塚オーナーは何れもカプセルを引いた。
キャロットの代表は何れも壇上に上がったが、カプセルを引いたのはレイデオロの時だけだった。
友道調教師も毎度壇上に上がっていたが、こちらは一度もカプセルを引かなかった。

 

データ派的に言うと、逃げ先行馬が比較的外を引いた。レースは内を引いたスティッフェリオが行くだろう。
サイン派的に言うと、その鞍上が丸山騎手であるならば、その姿は丸山議員を表しているのだろう。

 

 

おそらくは台本通りの進行。ほか画面を通して気になったことを書き連ねておくと・・

 

抽選順1番となった大塚オーナーは先ずカメラに向かってダブルサムズアップ。
大塚オーナーは聞き手を務めた細江純子さんと競馬学校の同期。同じ日の試験で細江さんは合格、大塚オーナーは不合格でその日以来29年ぶりの再会。
アルアインを管理する池江調教師は13番が好きな番号。
シュヴァルグランの佐々木オーナーは「絶対外だ」と言ってカプセルを引き、そのまま大外枠を引き当てた。
スミヨン騎手が壇上インタビューで「インプレッション」を二度聞きした。
丸山騎手は意外にイケメン。
赤ネクタイの池添騎手と、赤のハット・赤ネクタイの矢作調教師が、まんま3枠を引いた。
エタリオーのオーナーが最後突然「やる気スイッチ」と口走った。
桃ネクタイをしていた菊沢調教師のおうまさんが8枠に入った。

 

まあそこは考え過ぎです。きっと。はい。


ブログランキングに参加しています。よろしければポチっと応援お願いいたします。
 にほんブログ村 サイン競馬ブログ 裏読み競馬予想へ エアランキング ノンセクション